ジャムおじさんは実は科学者?人間じゃなくて妖精?






アンパンマンの生みの親のジャムおじさんは

パン工場に住んでいるパン職人。

いつもは帽子を被っていますが、帽子を脱ぐと髪がありません。

ジャムおじさんはパン職人ですが、パン以外の料理も得意です。

天丼やカレーなどもおいしくつくることができます。

 

ジャムおじさんは科学者説?

実はジャムおじさんは普段はパン職人なのですが、

科学者でもあるのです。

そのためメカの発明もできるのです。

アンパンマン号のフル装備もジャムおじさんが作ったのでしょうか。

また見た目では気づきませんが運動神経も抜群です。

ただ体力はあまりありません。



ジャムおじさんは人間ではない

これは有名な話ですが、ジャムおじさんは人間ではありません。

アンパンマンに出てくるキャラクターは「妖精」のような存在として

定められていますが、ジャムおじさんも同様に「妖精に近い存在」という設定。

ただ、これも諸説ありアニメの番組などで紹介される時に、

人間として紹介されることもあるようです。

ジャムおじさんはみんなのお父さん的な存在で、

だれかが諦めそうになったり、くじけそうになった時は

「諦めてはいけないよ」

と勇気付けます。








新着エントリー